古 宇 利 大 橋(こうりおおはし)

2005年(平成17年)2月8日に開通した、
通行料のいらない一般道の橋としては日本最長の橋です。
今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ全長1960メートルの橋で
その長さは観光客でにぎわう那覇市中心部の国際通りより長く、
2000年に開通した山口県の角島大橋(1780メートル)を抜いて1位になりました。

古宇利島は、半径1キロの小さな島です。
これまでは今帰仁村の運天港との間を1日5往復する小型フェリーで結ばれていましたが
古宇利大橋のおかげでフェリーの時間や天候などを気にせずに行き来出来るようなりました。

屋我地島方面より古宇利島方面へ