塩    川(しおかわ)

本部半島には”本部の不思議”の一つとされている塩川があり、
海水とほとんど同じ成分の塩水が湧き出ています。
この現象は非常に珍しく、
西インド諸島のプエルトリコ島とこの塩川だけと言われています。
塩川の長さは約300m、川幅は約4mの小さなものですが、
海棲植物の藻類が生えており、
海に棲むプランクトンが出現することで知られています。
塩川の湧水機構についてはよく分かっていませんが、
@地下深部の多孔質の岩盤中を通って海水が陸水に混入し、
潮位によって押し上げられ沸出する。
A海水と陸水が地下で混合し重力バランスによって、塩水が湧出する。
B陸水の湧水現象にともなう吸引作用によって海水が混入し沸出する。
などが想定され、学会からも注目を集めています。
塩川が海に注ぐ下流辺りはビーチになっており、
塩川ビーチとして昔から地元の人々の人気を集めています。
その不思議さと珍しさで、1970年(昭和45年)に沖縄県の天然記念物に指定され、
本土復帰の1972年(昭和47年)には国の天然記念物に指定されました。
(本部町役場HPより参考)

塩川の説明 塩川の風景
塩川の風景 塩川の風景